東北ジオパークフォーラムに参加

9月27日から28日にかけて、秋田県男鹿市で開催された“東北ジオパークフォーラム”に、当協会員として参加してきました。このフォーラムは、昨年9月に認定を受けた“男鹿市・大潟村”“磐梯山”や数日前に認定を受けた“八峰白神”“ゆざわ”さらにはこれから認定を目指す“いわて三陸海岸”“栗原市”などからの関係者が一堂に会し、“ジオの営みと上手に付き合うために”をテーマに開催されました。27日午後のフォーラムでは、主催者の挨拶の後、“防災”をキーワードに各地域から事例が発表されました。続くパネルディスカッションでも、各地域のパネリストが同様な討議を展開しました。また、休憩時間には、各地からの参加者と情報交換をしました。

  

夜の意見交換会(会食)では“なまはげ太鼓”なども披露され、意見を交わすと同時に各地の方々と交流しました。

 

翌28日は、男鹿のジオサイトを巡るジオツアーに参加しました。ジオツアーでは、やはりジオサイトの標識(案内板)とガイドの力量がツアーの面白さを左右するように思えました。今回のガイドさんは、若い上にジオの知識も参加者を楽しませるユーモアも豊富で、素晴らしいガイドでした。磐梯山の場合も、協会のカレッジなどで“伝える技術”をさらに磨いていくべき!と強く感じました。

  

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です