第1回エコツーカフェ(じゅんさい)開催される

 先日、予告しました“裏磐梯産ジュンサイを知って・守って・食べよう!”と題したエコツーカフェが、6月19日午後、約20名の参加者を得て開催されました。地元の栽培農家・宿泊施設・ほか村役場(農林課・商工観光課)からもご参加頂きました。裏磐梯産のじゅんさいの試食から始まり、じゅんさい沼の水質検査の報告、摘み子(採集者)の高齢化や販路の不確実さなど、多くの方から活発な意見が寄せられ問題点も明らかになりました。今回は、具体的な結論は出しませんでしたが、以前“特産品だったじゅんさい”の復活を多くの方が望んでいることが判りました。

カテゴリー: 日記 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です