裏磐梯の写真家!といえばこの人

裏磐梯のウワサの“達人”
今回の達人は、細野にお住まいでキャンプ場を営む傍ら、写真家としてもご活躍の「小椋章雄(おぐらあきお)」さんです。
 「25歳の時、子供達を撮り始めたのがきっかけ。」章雄さんは、いつもと変わらぬいたずら小僧のような口調でお話くださいました。「この辺の地形や景色、気象条件でどんな写真が取れるか全て分かるよ。」
さすがは地元が誇る写真家です。今日はコレ!というイメージを固めて撮影に臨まれるとか。それでも年間撮りためて納得できる作品は2~3枚しかないといいます。今は、デジタル化が進んで写真も画像で撮りためる時代。ですが章雄さんはフィルムにこだわり、未だに現像で作品を生み出していると・・・。
 「写真の良し悪しは母さんの見たて。」と傍らで作業をする奥さまへ優しい眼差しを向けていらっしゃいました。
「写真は写心だ」とおっしゃる章雄さん。作品にもそのお人柄や心根が映し出されています。  

カテゴリー: 磐梯の宝人 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です