15番目の宝人・・・はこの人です!

今月のウワサの“達人”。
今回の達人は、猪苗代町にお住まいの「江花俊和 (えばな としかず)」さんです。
 江花さんは、猪苗代伝保人の会会長で猪苗代の偉人を考える会の会長、いなわしろ山岳会の会長でもあり山の達人です。猪苗代の歴史遺産や偉人を研究し、独自の見解で町外の方々に発信し、自然環境の事、町づくりの事・・・と多忙な毎日を送っていらっしゃいます。昨年はいつ頃からか失くなっていた三角点の復旧を行い、磐梯山を守っていこうとご尽力されています。
 今回の震災では、「人間はおごることなく自然や歴史から学び活かす事を目指し、そして地球に対して謙虚であれ。」と。また「これ以上文明を発達させないという努力が必要だ」と・・・。
 これまでの生き方に一人ひとりが真剣に向き合わなければならない・・・そんな時期に来ているのだと思います。  

カテゴリー: 磐梯の宝人 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です