「第7 宝人」発見しました~。

さて、裏磐梯の第7宝人は・・・、先頃行われた「漆に学ぶ 蒔絵の魅力」に講師としてご協力頂いた『角田 純一(つのだじゅんいち)』さんです。
 角田さんは、国内のみならず海外にも作品を数多く出展され、今年の日展にも8回目の入選をされた、裏磐梯が誇る、いいえ、会津が誇る”宝人”です。
 講座の時に、入選した作品の数々を見せて頂きましたが、心をわしづかみされるような強いエネルギーを持った作品に一目惚れしてしまいました。穏やかな笑顔のどこにこんな力が隠されているのか、芸術家としての可能性を秘めた人だな・・・とますますファンになりました。
 「裏磐梯の自然を前に作品が変わって来ました。」とおっしゃる角田さん。
裏磐梯の四季の移り変わりの中でどんな風な作品が生まれてくるのかとても期待しています。
で、・・・隣同士(同じ村民)として気軽におたずねしてもいいですか?

カテゴリー: ものづくり, 磐梯の宝人 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です