夏休み自由研究プログラム 染色体験

8月17日(土)今年最後の夏休み自由研究プログラム「特定外来種でバッグを染色してみよう!」を行いました。
講師の五十嵐沙樹さんから、なぜ問題視されているのか、どう対処したら良いのかなど色々と教えていただきました。
今回染色に使ったのは「セイタカアワダチソウ」チョキチョキと刻んで染色液を作って、煮込んで媒染して・・・と。待っている間にお勉強。おかげで帰るころには「あれも外来種なんですか?」なんて質問も出るほどに。先生曰く「学ぶことは大事なことだけど、楽しむことがもっと大事!」
はい、しっかり楽しみましたぁ。

カテゴリー: 地域情報, 子ども自由研究, 特定外来生物 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です