北塩原村22年度成人セミナー講座

磐梯朝日国立公園60周年でもあることから、”北塩原村の歴史を学ぶ”というタイトルでせいじんセミナーが行われました。
第一回目の講座は「磐梯山とジオパーク」というテーマで磐梯山噴火記念館館長の佐藤公氏と、「国立公園に暮らすということ」というテーマで当協会の会長伊藤延廣が講義をしました。参加の皆さんは熱心にメモを取りながら聞いていらっしゃいました。エコツーリズムについても講義がおよび、日頃耳にされていても、実際にはなかなか触れる機会の少ない方がたに、「エコツーリズム」って日常のくらしに添っているものだと解っていただけたかなと思います。

mariko の紹介

協会の何でもやさんです。
カテゴリー: 文化と歴史 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です