ラムサール条約について勉強会を開催します

日本は1980年にラムサール条約に加入し、現在(2015年6月)での条約湿地は50か所となっております。環境省は2010年ラムサール条約湿地候補地検討会を開催し、国際基準を満たすと認められる湿地を幅広く「潜在候補地」として172か所を選定しました。その「潜在候補地」の中に裏磐梯湖沼群(生物地理区東アジアを代表する湖沼)は選定されております。このことを地域として深く受け止め、理解していくことも重要なことです。そこで福島大学 黒沢高秀先生をお招きしてラムサール条約について皆さんと学びたいと思います。是非ご参加のほどよろしくお願いいたします。

日時  11月 4日 (水曜日) 午後1:30より3:30

場所  休暇村裏磐梯 天文台ホール(正面玄関左)

講師  黒沢 高秀 先生(福島大学)

参加料  無料

問い合わせ先  裏磐梯エコツーリズム協会  0241-23-7860

 

mariko の紹介

協会の何でもやさんです。
カテゴリー: 自然保護, お知らせ, 裏磐梯の自然 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です