オオハンゴンソウ除去作戦

今年で6回目を迎える環境省主催のオオハンゴンソウ除去作業に裏磐梯エコツーリズム協会の夏休み特別企画の一つ「特定外来って何?」で6名参加してきました。1回目から較べると全体の参加者は3分の1ぐらいに減っていますね。ほとんどは関係者です。担当区域は同じなので状況がわかりやすいです。今年は雨が多かったので、発育悪く花芽はまだ少なかった分、小さなものがヌスビトハギなどに巻きつかれて多くありました。雨のおかげで根っこから取りやすく、しっかり除去したような…成果は来年にわかるでしょうが。モニタリングの項目の一つ、裏磐梯地区のオオハンゴンソウ分布調査も始めます。

mariko の紹介

協会の何でもやさんです。
カテゴリー: 自然保護, 裏磐梯の自然 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です