五色沼周辺オオハンゴンソウ防除活動

特定外来生物のオオハンゴンソウの駆除作業が8月9日行われ、当協会会員も参加して作業してきました。今年で5年目となり、最初の頃よりかなり小さく・細いものしかでてきてません。一掃と言うわけにもいかず、遊歩道の奥に今まで気づけなかった場所のものは茎も太く、2・5mぐらいの良く育ったものがあり、まだまだ「行事」としての活動では不十分だと認識を新たにしたところです。明日からは裏磐梯地区の調査を始めます。

mariko の紹介

協会の何でもやさんです。
カテゴリー: 自然保護, 裏磐梯の自然 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です