裏磐梯湖沼群の水質採取

5月から毎月1回、各湖沼における13ポイントの水を採取し調査をおこなってまいりました。
そしてこの11月、今年度最後の水採取を行いました。

雪の予報でしたが心配した雪はなく、音を立てて雨が降ってきたかと思うと、急にやんだり小雨になったり・・・とちょっと変なお天気でした。外気温も9℃とこの時期の裏磐梯としては暖かく、調査用紙が濡れてしまう事をのぞけば、この日もいつものような楽しい?水採取となりました。紅葉の見ごろは終わりましたが、桧原湖を一周する間にはまだまだ明るい森が楽しめ、色とりどりの落葉が道路脇や探勝路をじゅうたんみたいに敷きつめて、絵はがきのような景色でした。
早朝からはじめる水の採取ですが、思いのほか楽しく調査を行う事ができました。

NPO法人裏磐梯エコツーリズム協会では、水の調査の他に、五色沼、外来種、希少種の花、野鳥等、多岐にわたって裏磐梯の調査を進めています。
調査を引き継ぐ若い力を求めています。興味のある方はぜひ協会までご連絡ください。

    

カテゴリー: 自然保護, モニタリング パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です