秋晴れの中での水質検査

10月17日(木)今年度第6回目の水質検査を行いました。
放射冷却現象もあって採水する手がかじかむ程の寒さでしたが、刻々と変化する湖の表情に歓声を上げながらの調査となりました。

朝6時。スタートは秋元湖。遠く安達太良の山の稜線から神々しい朝日が昇ってくると、湖面にやゆたう蒸気霧があたりを霞ませて幻想的な雰囲気に包まれます。
この時期はこのモノトーンの景色からはじまる、壮大な色絵巻に静かに感動しながら、貴重な調査ができる喜びをひしひしとかみしめます。その後、小野川湖、曽原湖、桧原湖、柳沼、レンゲ沼という順路で採水し計13カ所の調査をします。
残りは11月の一回を残すのみ。なんとなく名残惜しいような気持ちでこの日の調査は終了しました。

※この水質検査は猪苗代湖の環境を守る「猪苗代湖・裏磐梯湖沼水環境保全対策推進協議会・湖未来基金」からの助成を受けて活動しています。

カテゴリー: 自然保護, 水プロジェクト パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です