みつばち講座へのご参加 ありがとうございました。

8月21日に行われた「夏休み自由研究プログラム はちみつ採取体験 みつばちのヒミツを探れ!」行いました。
今回初めてのプログラムに主催側の私たちも興味深々。ワクワクしながら準備をすすめました。

講師の(有)ハニー松本 養蜂家の伊藤身輔さんは、子ども達の興味を引き出す見事な解説で、子ども達からもその都度質問が飛び交います。さらに「子ども達に喜んでもらいたい」と一人一枚づつの巣蜜をご準備くださり・・・、本当に感謝です!

普段食べている果物や野菜、アーモンドなど、みつばち達の恩恵をうけて作られている事に子どもたちも改めて実感した様子。手動の遠心分離機に巣蜜を入れる行程では、みつばちたちが一生懸命集めたはちみつをこぼさないように、慎重に運ぶ姿が印象的でした。

お土産は、自分達がしぼったはちみつ。
この時期は一つの花から蜜を集めることができないため、いろんな花の蜜が混じっているという「百花蜜」。
琥珀色に輝くはちみつを静かに瓶にそそぎ、大切に鞄にしまったSちゃん。

また、来年ね。

カテゴリー: 自然保護, イベント パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です