福島大学黒澤研究室を訪ねました

DSCN0773.jpgDSCN0774.jpg 元五色沼パークボランティアの皆さんと、黒澤研究室での植物標本作りの工程を見せていただき、裏磐梯の水生・湿地生植物の現状についてお聞きしてきました。裏磐梯のシロヤナギについてのお話のなかで、福島北部が南限であり福島南部はコゴメヤナギの北限であるところから、裏磐梯のシロヤナギは少し違い、ほかの地方の標本で確認できたのが収穫でした。

カテゴリー: 自然保護 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です