雪囲いの時季を迎えました

11月10日(土)雪の季節に向かって、冬囲いの作業をしました。

会員の皆様のご協力をいただき「裏磐梯サイトステーション 森の駅」の雪囲い。
西側と南側テラス、北側玄関周り、案内盤、屋外ベンチなど準備万端整ったかな。
会員事業所さんの冬のアクティビティも盛り沢山!です。

季節ごとに楽しめる裏磐梯へどうぞおいで下さい。

カテゴリー: 日記 | コメントする

ヘルスツーリズム研修で自然の癒しを体験

 北塩原村ヘルスツーリズム研修で「レンゲ沼・中瀬沼探勝路」を散策しました。
血圧測定とアミラーゼ測定を実施してからいよいよスタート。
晩秋の、雨に濡れた落ち葉を踏みしめながらゆっくりと歩けば、
清々しい気持ちで胸がいっぱい・・・になりますかね?

 終了後はサイトステーションで温かいコーヒーを飲んで一休み。
その後アンケートの記入もあり、またご意見を頂戴したり・・・。
ご参加いただきありがとうございました。

    

カテゴリー: 地域情報, エコツアー, 裏磐梯の自然 | コメントする

曽原湖におけるコカナダモ調査報告と今後について

狐鷹森地区(曽原湖周辺)にお住いの方々と、「曽原湖のコカナダモの繁茂」について、福島大学黒沢高秀教授の専門的な意見を頂戴しながら話合いをしました。

黒沢教授から、曽原湖の成り立ちと植生について、またソウギョの放流による植生壊滅から40年あまりを経た現在の状態についてお話しいただきました。コカナダモは、ソウギョの放流による影響で減少がありましたが、その後の環境変動や食べ残された水生植物、土中の種などから特に繁殖力の強い水生植物として繁茂しました。
 今年の渇水状態や水温の高さについて、また水の透明度が増してオオマリゴケムシなどが見られなくなったなど、日頃観察されている近くにお住いの皆さんの情報交換は大変有意義でした。
曽原湖の駆除活動を裏磐梯湖沼群全体の問題としてとらえ継続していくうえで、琵琶湖の例なども比較しながら検討していくことを確認いたしました。
協会としても、その後の状況や皆様へのご協力のお願いなど情報発信していきたいと思います。その節にはどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 自然保護, 裏磐梯の自然 | コメントする