癒しのホッとステーション 森の駅

裏磐梯サイトステーションの管理を受託し、あれもこれもと細かい雑事に追われている毎日です。先ごろ、理事会も行われ「裏磐梯サイトステーションって何ものかわかりずらい」と意見があり、愛称として「森の駅」とすることにいたしました。
レンゲ沼の畔に佇む憩いの休憩場所。
これから若葉の季節を迎え、キラキラと輝く湖面をさわやかな風が渡っていく・・・。野鳥の声に誘われてこぼれ日の中を歩くすがすがしさ。
ここは裏磐梯の中でも特にコアな空間です。

・・・というコンセプトで日々改造中です。

カテゴリー: 日記 | コメントする

北塩原村裏磐梯サイトステーションの指定管理者となりました


平成30年4月1日より前管理者「休暇村サービス」様から引き継ぎまして、北塩原村裏磐梯サイトステーションの指定管理者としてレンゲ沼畔にあります裏磐梯サイトステーションを運営してまいることとなりました。それまでも当協会事務所をサイトステーションの一隅にお借りしておりましたので、運営について大体のことは把握できているつもりでおりますが、まだまだ不慣れな点、皆様に安心してご利用いただけるか心配でもあります。当協会会員の皆様のご協力を得ながらスタッフ一同頑張ってまいりますので今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: 地域情報, 裏磐梯の自然 | コメントする

2017年度のモニタリング報告会

      

  3月13日(火)今年度のモニタリング検討会を行いました。残念ながら、環境省自然保護官、村役場関係者にはご出席いただけませんでした。

各担当者から現状の報告があり、自然保護と観光面での安全対策や問題点など指摘されました。絶滅危惧種花では、種によって100株単位で減少しているものがあるそうです。特定外来生物(ウチダザリガニ、オオハンゴンソウ、コカナダモ)に関しても、まだまだ駆除が必要だという見解に。探鳥会では、草原性のトリが減少している印象があり、裏磐梯の草原減少が影響しているのでは、との指摘もありました。
雄国沼、磐梯山登山道に関しては、観光の目玉であるにも関わらず、他の有名な山に比べ見劣りする、いよいよ真剣に整備すべき状態か・・・という現状も。
報告だけにとどまらず、関係各所に提言するなど実際に改善できるよう協会としても活動をしていきたいと思いました。お忙しい中ご参加下さった皆様、ありがとうございました。

カテゴリー: 日記 | コメントする