「檜原木地語り」開催

32年前に北塩原村では「木地師とジュンサイの里」を掲げて商工会を中心に地域おこしをしました。それから年月が経ち、温泉やスキー場・スポーツパークが出来るなど新しい波がつぎつぎ・・・裏磐梯エコツーリズム協会では「守り狐」や米澤街道を通して古老からの聞き取り調査など木地師について調べてきました。昨年は早稲沢の木地工場を地域おこし協力隊の方々と再生させる活動もできました。会津平野は広く、山々に囲まれており木地師たちは良材を求めて山に入りました。木地椀作りの工程で伐採の後、アラガタトリの段階で会津の各地域でも差があり、またブナ・栃の木など材にも違いがあります。今回「奥会津の木地師」を上映することで、かつての木地師の子・孫の世代の方や奥檜原の歴史に興味ある方が集い、映画を通してお話できればと思います。見る機会の少ない記録映画ですのでこの機会に是非皆さんにご覧いただけますよう上映の場を設けました。
日時1月24日(火)1部 13:00-14:30

希望者のみ 2部 15:00-15:30(早稲沢木地工場見学)

場所 曽原通り 「MOTO COFFEE」2F

参加費 800円 コーヒー代含む

*冬場の駐車場で限りがありますので、参加者にはこちらから連絡をして,乗り合わせていただく場合がありますのでよろしくお願いいたします。

mariko の紹介

協会の何でもやさんです。
カテゴリー: 地域情報, お知らせ, 文化と歴史, 木地小屋再生プロジェクト, 磐梯の宝人 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です