裏磐梯文化祭「守り狐のひみつ」

裏磐梯文化祭で6年生の発表は「守り狐のひみつ」でした。総合学習に守り狐について知りたいということでやってきた6年生。どこまで話せばいいか、特産品作りに重点をおいて、今の「守り狐」製作への過程を話したつもりでした。今回の発表はその時の再現から始まり、由来の紙芝居や」「守り狐」を展開していく企画書まで作ってくれていました。クッキーやバームクーヘンの年輪を利用してのお菓子・キツネさんのゆるキャラ・キツネレンジャーまで。そして最後に6年生全員が並んで、大好きな裏磐梯をこれからも大事に10年後6年生のこのメンバーで、裏磐梯の自然を守りながら観光をもりあげていくと・・・いってくれました。すごい!協会の活動が子供たちに伝わったかなと嬉しい贈り物もらったような・・・ちょっと泣きそう。

mariko の紹介

協会の何でもやさんです。
カテゴリー: 守り狐, 磐梯の宝人 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です