サマボラの子供たちが来てくれました

北塩原村福祉協議会主催のサマーショートボランティアで子供たちが、レンゲ沼散策や守り狐絵付け体験・紙ブーメラン作り・虫のお話・すすきのバッタ作りなどで一日ゆっくりと楽しんでいきました。バリアフリーの散策路が未だ整備されていないので、車椅子研修などはできませんでしたが来年は是非バリアフリー散策路を利用しての研修が実施できるといいですね。

mariko の紹介

協会の何でもやさんです。
カテゴリー: 守り狐, 裏磐梯の自然 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です