紙芝居をもって訪問してきました

  

9月16日、守り狐のストラップを編んでいただいている北塩原デイサービスセンターで敬老の日の催事に紙芝居を組んでもらい、お話してきました。芸達者なボランティアの方々の演目に利用者さんと一緒に楽しみました。次回はプロジェクター使って大きく映すようにしたほうが良いかなと・・・もう少し芸も磨いていきます。

mariko の紹介

協会の何でもやさんです。
カテゴリー: 守り狐, 文化と歴史 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です