福島市の子供たちと守り狐

本日、福島市からきてくれた子供たち、23人に守り狐をご紹介しました。
         
絵付け体験をする前に、ここ裏磐梯の木地師と穴沢一族のお話をしてから、守り狐の紙芝居をご披露。最初はおとなしかった子供たち・・・でも、絵付けが始まった途端、それぞれに個性を発揮!女の子たちはさすがにそつなくこなします。でも男の子たちが大変なんだな~。たぶん気合い入っちゃうんだね~。もう塗るとこないよ!ってくらいにペタペタペタペタ・・・・。隣を真似してこれまたペタペタ・・・。なかなかに個性的な狐さんが完成しました。目をキラキラ輝かして「ね~これどう?ウルトラマンなんだ!」とカッコいい狐さんを見せてくれました。

 今日は裏磐梯で一日過ごすとの事、楽しい一日でありますように。
 

カテゴリー: 守り狐, 文化と歴史, 裏磐梯の自然 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です