震災復興モニターツアーの御一行様 ありがとうございます!

春の兆しが見え始めた裏磐梯。
6日は、はるばる九州からモニターツアーの御一行様がおいで下さいました。裏磐梯・早稲沢の民宿“湯流里”さんから、「九州からのお客様と交流会を行うのでどうぞ♡」とお声をかけて頂いたので、ちゃっかりお邪魔しました。猪苗代民話の会の鈴木清孝氏もおいでになり地元の語りを行うということで一緒に楽しんできちゃいました。
「よ~くこらったなし~、今日は会津の言葉を覚えていがんしょ」と、懐かしい語り口に、幼いころよく言われていた言葉を思い出しました。身長169cmの私、中学の頃からすくすく?と背が伸びて「いやいや~、ずないアネサマだこと~(あなたは体が大きいね~)」とよくいわれたものでした。

今ではあまり使われなくなった言葉にキラリと光るものを感じます。語りの中にも、現代に通じる人生哲学がおりこまれています。ゆっくりと囲炉裏の火を囲みながら昔語りを聞いてみるのも田舎体験の醍醐味です。福島らしさ・・・感じていただけましたでしょうか?

カテゴリー: エコツアー, 文化と歴史 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です