秋の味覚に舌鼓

m211.JPG1.JPGP1010057.JPG

10月27日(火)「北塩原の旬の野菜を使ったおもてなし料理教室」~秋の味覚~というテーマでカレッジを行いました。
講師は猪苗代町で「日本料理 喜春」を営んでいる黒沢俊光先生と、「ラビスパ裏磐梯」の料理長で「ペンションもみの季」オーナーの榎本季一先生です。
会津地鶏を使ったまたぎ鍋、裏磐梯のきのこたっぷり炊き込みご飯、秋鮭と紅しぐれの大根蒸し、きのこと柿の白和え・・・よだれが落ちそうでしょ!
こんな豪華なランチはここ何年もいただいてないですよ!苦手な炊き込みご飯のコツもしっかり学んだし、大根蒸しの繊細な盛り付けも勉強になりました。
先生方本当にありがとうございました。

カテゴリー: エコツーカレッジ, 食べもの パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です