「蘇った旧米沢街道」カレッジの模様

1yonezawa.JPG4日(日)あの石田先生と平野先生を迎えて、カレッジ「蘇った旧米沢街道」を開催しました。会津を狙う米沢の伊達政宗に対抗するため、会津藩から派遣されていた穴沢氏が代々守っていた古道の一つで、木漏れ日の中を歴史に翻弄された武将や家臣たちの思いを想像しながら歩いてきました。桧原城跡では正宗の戦略拠点としてのありし日の城の様子を聞き、その時代にも吹いたであろう風を感じて感慨深いものがありました。午後からは桧原湖畔で砂金採りをしたり、クマが木登りした爪痕を観察したり・・・実り多い一日でした。小学生の女の子が一緒に参加してくれたのですが、生きた歴史の面白さに気づいたようですよ。また、米沢街道!やりたいな~


カテゴリー: エコツーカレッジ, 文化と歴史 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です