28年第1回ばんだいの宝発見講座開催しました

ばんだいの宝発見講座「植物の初歩 裏磐梯の桜を知ろう」講師に福島大学大学院根本秀一先生をお招きして開催しました。当日は久しぶりの雨となり、新緑が生き返ったかのようでした。専門のクワガタソウのお話もしていただき、レジュメを使って桜のいろいろを学びました。福島県の野生の桜は10種類あり、桜も海沿い・中央・会津と気候も違うせいで福島は桜を長く楽しむことができます。見分け方はやはり難しいので咲いている地域で目安を付けることも大事。参加者からはいろいろ質問もでました。先生からは桜の標本を使って桜の種類あてクイズが出されました。今学んだことを確認しつつ、蕚筒と小花柄にけがある・ないなど、葉の形や蜜腺がどこにあるなど・・・・8種類全問正解ならず。難しかったですね。

フィールドではやはりマイクは用意したのですが、雨脚強くて先生の声が聞き取りづらい場面もあり、参加者の皆様にはご迷惑おかけしました。来年はスミレの講座もお願いしたいなどの声も聞かれました。

 

mariko の紹介

協会の何でもやさんです。
カテゴリー: エコツーカレッジ, 自然保護, 裏磐梯の自然 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です