27年度「第一回たから発見講座」開催しました

いつも「おもてなし夜会」などでおばあちゃんの手作りおやつでお世話になっている大森真貴子さん・裏磐梯の道なき道を歩く達人長岡幸二さんを講師にお願いして「野草とのつきあい方を学ぶ~名人に教わる採り方・調理法~」を開催しました。場所は小野川湖畔探勝路です。トレッキング検討会でも小野川湖畔探勝路は湖も見えにくい・野生動物が多いなど利用も少ない探勝路です。楽しさを見つける意味もあって今回ここを皆さんで歩きました。探勝路は食べれる野草を踏んで歩くのが困るぐらい。実のなる木・薬草・山菜が豊富で野生動物が多いのも当たり前です。彼らにとってここは食の宝庫です。ちょっと分けていただくという気分ですか?ここは何人かでワイワイしながら歩く道です。途中のベンチがある辺りは平たんでウルシもなども少なく、下草が処理されていれば安心して木に抱きついたり、よりかかって休んだりできる楽しい探勝路にできるなど、話しながら三つ葉を採ったり,蕗を採ったりしました。

自然環境活用センターでその日に採れたものを見て調理の仕方をにぎやかに話合い、それぞれ分担作業で、あっという間にいろいろ出来上がりました。

緑の中に身を置いて、その緑をいただく。贅沢な時間でした。

mariko の紹介

協会の何でもやさんです。
カテゴリー: エコツーカレッジ, 食べもの パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です