見て、感じて、味わって!五感で楽しむ冬の一日

1月24日(火)、今年度最後の“ばんだいの宝発見講座”を行いました。
今回の講座は、スノーシューで雪のフィールド探検。桧原湖から小野川湖へ注ぐ長瀬川に沿って上流を目指し、カラマツやハンノキの林の中を磐梯山の噴火による流れ山を眺めたり、動物達の足跡を追って追跡するなど、冬ならではの裏磐梯を楽しみました。
福島市や白河市、郡山市、そして地元裏磐梯と猪苗代からも・・・。H氏行けなくて残念でしたな~青空の下、風もなく、太陽の温かな日差しを浴びて雪の裏磐梯に触れる。
たくさんの発見がありました~。
           
いつもすぐ近くを車で通っているはずなのに、一歩踏み込んだだけでなんと魅力的な景色!膨らみ始めた冬芽にウルトラマンだと大騒ぎし、動物達の足跡に「ここで飛び降りたから、この辺の枝にいるかも」って追跡調査をしたり。川のせせらぎに耳を傾け、雪帽子と輝く水面に目を細めて、ちょっとだけもの思いにふけったり・・・。
最後に急な斜面を登って小高い流れ山に上がったら、磐梯山とあだたら山、東吾妻と西吾妻の大パノラマが目の前に広がって大きな歓声があがりました。
           
待ちに待ったランチタイムでは、自分たちでテーブルとイスをこしらえて、湯気が立ち上るダッチオーブン料理に舌鼓!。
 今日、出会ったばかりの仲間達。でも何年も一緒にいるような親近感。次はナイトハイクに挑戦!と次の約束もできました。
さあ、今度は満点の星空に包まれて、熱ーいホットワインで乾杯!とでもいきますか~。

カテゴリー: エコツーカレッジ, エコツアー パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です