「北塩原の食材を使ったおもてなし料理教室」

7月6日講師に小椋 潤氏(リストランテ イルレガーロ シェフ)を迎えて~高原野菜のイタリアン~講座を開催いたしました。そろそろ夏野菜が出揃いだしたところで、北塩原産夏野菜がイタリアンに大変身します。

メニューはエゴマ豚ロース肉の包み焼き・農園風トマトソーススパゲッティ・メディチ家のサラダです。これから旬の夏野菜はふんだんに使えて栄養価も高く、トマトソースは肉にも魚にも前菜にもいろいろな場面に使えます。エゴマ豚には蕨がジャガイモと一緒に包まれ、ソースはバルサミコと、思はぬ取り合わせはさすが! 参加者一同講師のお話に耳・手元に集中して、調理実習では段取りを考えて・・・・あっという間の時間でした。

後は試食タイム!いつも参加いただくS氏は自分の畑で調達して今度こそは奥様に食べさせよう!・・・と。

mariko の紹介

協会の何でもやさんです。
カテゴリー: エコツーカレッジ パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です