最新情報

裏磐梯観光協会設置ライブカメラ桧原気温  天気 レンゲ沼カメラ 飲み残しゼロへ(PDF) 水源地を守る

ばんだいの宝発見講座2017裏磐梯エコツー通信年間スケジュール2

エコツーリズム通信73号発行しましたエコ通信73号

エコツーリズム通信74号発行しましたエコ通信74号

 

カテゴリー: エコツーカレッジ, 地域情報, 自然保護, お知らせ | コメントする

NPO法人裏磐梯エコツーリズム協会となりました

 裏磐梯エコツーリズム協会として10年目を迎えるのを機に、法人化を検討し、このたび”NPO法人裏磐梯エコツーリズム協会”として生まれ変わりました。

北塩原村とその周辺地域の自然・文化・歴史・名人などの宝を守りながら、地域の各業種の方々と連携し、地域の自然を最大限に活用する事業を行うことにより、「観光」を主軸とした持続可能で豊かな地域づくりの推進と、また、次世代への宝の継承に寄与することを目的としています。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: お知らせ | コメントする

村内の中学生と一緒に村内を巡りました

北塩原村には村立第一中学校と裏磐梯中学校があります。
村は北山・大塩・桧原地区(裏磐梯)とあり、それぞれに農業・観光業と、各地区でおおよそ生業が分かれています。気候や繁忙期にも違いがあり、子供たちが行き来をするには不便な部分もたくさんあります。
中学校での環境学習の実施の際には村民の先輩として案内を引き受けています。

子供たちが村内それぞれの地域の宝を見ながら、地形や歴史・文化を知ることは「ふるさと」を見直し、誇りを持つことにつながると信じています。

カテゴリー: 文化と歴史, 裏磐梯の自然 | コメントする

裏磐梯のとんぼ講座 実施しました

9月5日(火)ばんだいの宝発見講座「昆虫の初歩 裏磐梯のとんぼ入門」を行いました。講師は福島大学の塘 忠顕先生です。
日本で確認されているトンボは現在203種類。そのうち裏磐梯で確認されているトンボは61種類だそうです。福島県で記録されているトンボが90種という事で考えると、なんと2/3以上の種が裏磐梯に生息している・・・!まさにトンボの宝庫!!
また、全国的にも珍しいアマゴイルリトンボ(長野・新潟・福島・山形・青森にしか分布しません)が豊産しているのが特徴という事実!座学の後のフィールドワークは皆さん目を輝かせてトンボを追っていました。
特筆すべきは塘先生の華麗な網さばき!!💛参加した女性受講者から「ステキ」と黄色い声援が飛んでいました。

さて今日も笑いの絶えない楽しい講座でした。あなたの知的好奇心をくすぐる「ばんだいの宝発見講座」ぜひ一緒に楽しみませんか?

    

 

 

カテゴリー: エコツーカレッジ, 日記 | コメントする

オオハンゴンソウ防除活動第1弾

オオハンゴンソウの調査活動を継続して行っており、環境省主催のオオハンゴンソウ防除活動には会員の皆さんも参加していますが、協会としての独自の防除活動は私有地などの問題でできておらず長年の課題でした。
今年は環境省からの助成を受ける事もでき、狐鷹森地区の調査地点でもありました曽原湖に流入する小川付近を8月2日に会員の協力で行いました。

今年は例年よりオオハンゴンソウの開花が遅いこともあり、まだつぼみの状態で作業することができました。下の写真は昨年の8月20日の写真です。

今年の作業の様子です。小川の流れが見えないぐらい草丈もありました。

カテゴリー: 自然保護, 裏磐梯の自然 | コメントする

ばんだいの宝発見講座「シダ・太古のロマン」開講

7月4日(火)植物の初歩シリーズ「~シダ・太古のロマン~」シダに取り組んでウン十年という蓮沼憲二氏(会津生物同好会)を講師にお迎えして開講いたしました。
シダの奥深さを座学で情熱的に解説いただき、その情熱に思わず引き込まれてさらにフィールドではルーペでみるシダの世界に驚きました。裏磐梯はシダ植物が多く見られ、当日レンゲ沼周辺で21種類確認できました。

カテゴリー: エコツーカレッジ, 自然保護, 裏磐梯の自然 | コメントする